HOME

1段階

2段階

検定

試験場案内

学科問題集
免許の達人 - インターネット教習所



 1段階ー場内教習虎の巻



 教習項目2 自動車の機構と運転装置の取り扱い


★教習目標★
 運転装置の機能や自動車の走行の原理を理解するとともに、各装置の正しい取り扱いが出来る

★項目を習得するためのポイント★

1, エンジンのかけ方、止め方
MT車→
ブレーキとクラッチを両方しっかり踏み、ギアをニュートラルにしてから足はそのままペダルを踏んだ状態でキーを最後まで回しエンジンをかけます。エンジンがかかったらキーから手を離してください。

AT車→ブレーキをしっかり踏み、チェンジレバーがパーキングになっていることを確かめてからそのままペダルを踏んだ状態でキーを最後まで回しエンジンをかけます。エンジンがかかったらキーから手を離してください。


2, ハンドルの回し方
下図参照!ハンドルは正確に回しましょう。戻し方も回し方と全く同じです。注意点はハンドルを持ち替えるときに肩幅程度に持ち替えることです。



3, チェンジレバーの操作手順
下図参照!ギア操作は必ずクラッチをいっぱいに踏み込んだ状態で操作してください。クラッチを踏んでいなかったり、踏み方が甘いとギアは入りません。

ローギアへの入れ方

クラッチをしっかり踏み、左→上に確実に入れましょう。

ロー


セカンド

力を抜いて下に入れると、ギアはニュートラルに戻ろうとします。
ニュートラルにならないように、チェンジをやや左に押し気味でセカンドに入れてください。

セカンド


サード

セカンドからサードは極力手の力を抜いて、セカンド→ニュートラル→サードへ入れます。

サード


トップ

そのまま、真下に入れれば入ります。

トップ


オーバートップ

極力手の力を抜いて、ニュートラルに戻してから、右→上で入ります。力を入れすぎて、サードへ逆戻りしないように気をつけましょう。

バックへの入れ方

バックに入れるときは、必ずいったんニュートラルに戻してから、右→下に入れます。


4, ハンドブレーキ(サイドブレーキ)の使い方
サイドブレーキの引き方
→解除ボタンを押さずにカチッカチッと堅くなるまで引き上げます。

サイドブレーキの戻し方→レバーを持ち上げながら解除ボタンを親指で押し、しっかり最後までおろす。最後まで戻さないとブレーキ警告灯が消えません。


5, 各ペダルの踏み方、戻し方
アクセル
→右足でかかとを床につけ、かかとを支点にしながらつま先で優しく踏んだり戻したりします。

ブレーキ→右足でかかとは床につけないで、ブレーキペダルの中央を足の指の付け根付近で優しく踏んでください。

クラッチ→左足でかかとは床につけず、足の指の付け根付近でクラッチペダルを床いっぱいまで一気に踏み込みます。またクラッチを戻すときは膝を上げるようにしてゆっくり戻してきます。



次の項目へ

ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
(無料)新規会員登録

メインメニュー
免達お勧め情報

免達お勧めリンク!

2D自動車シュミレーター




実戦さながらの
リアルな車の動きは感動!

Powerd by http://geoquake.jp/

オンライン状況
103 人のユーザが現在オンラインです。 (2 人のユーザが 技能教習 1段階 を参照しています。)

登録ユーザ: 1
ゲスト: 102

Hildred122, もっと...
免達モバイル

掲示板ページのみ携帯で閲覧・投稿できます。

教習所探しなら!

免許なびが、直結した教習所(自動車学校)に入校から卒業までサポート


モバイル版は
こちら

免達おすすめサイト
  ホーム  |   1段階  |   2段階  |   検定  |   試験場案内  |   学科問題集  |   お問い合せ  

Powered by 全日本教習所総研 © 2007-免許の達人
Theme designed by OCEAN-NET